みずほ銀行カードローン

メガバンクの一つであるみずほ銀行カードローンは、大手都市銀行と消費者金融などが提供するカードローンのなかでもトップクラスの低金利です。金利は年4.0%〜14.0%で、特に上限金利は大手のなかでもトップクラスの低金利であることから、審査に通る自身のある方はまずまっさきに検討していただきたいカードローンといえます。

 

限度額は最大1,000万円となっており、低金利で高限度額とハイスペックなハードルの高いカードローンといった印象がありますが、本人に収入のない専業主婦の方であっても30万円まで借入が可能となっており、高額融資を希望する方にも他では借入が難しい専業主婦の方にも広くおすすめなカードローンと言えます。

 

またみずほ銀行カードローンの特徴は、みずほ銀行に口座を持っている方に対して有利なカードローンである点です。最短即日融資が可能なのですが、口座を持っている場合に手持ちのキャッシュカードにカードローン機能を加えることで即日融資が可能となります。こうした形態の即日融資は他ではあまり見られません。さらにみずほダイレクトを利用の方や手元に通帳がある場合には、利用限度額200万円までなら収入証明書だけでなく本人確認書類も不要で契約まで可能となっていてとてもかんたん・便利に利用できるのです。

 

口座を持っていない場合には最短でも即日審査にとどまり、カードの送付までに時間がかかるケースが多いことから、みずほユーザーか、もしくは融資までに時間的余裕のある方向けのカードローン商品と言えそうです。
参考サイト:カードローンの口コミ・評判ランキング|カードローン評判

返済は仕組みを理解しなければ賢くできない

返済について考えてみましょう。
銀行カードローンがいかに低金利であったとしてもどのように返済をしていくのかによって変わってきます。

 

無利息期間でもない限り、お金を借りたときには利息をつけて返済をすることとなります。
日割り計算となる利息は、借りた翌日に返済をしたとしても1日分の利息が加算されます。
反対に、借り入れをした当日に返済をすれば借り入れ日数は0になりますので利息は加算されません。

 

金利の意味、利息の意味、返済額の内訳、元金充当率、さまざまな項目を理解していなければ返済を賢く安全に行っていくことはできません。
借り入れをすることは一瞬であり、そのお金を必要とする事情もあっという間に終わってしまうでしょう。
しかしたった一回の借り入れを何回にも分けて返済をしていくことになります。
返済を考えることがとても重要なこととなってきます。

 

それでは返済額の内訳から確認をしてみましょう。
毎月の返済額はすべてが元金に充当されるわけではありません。
元金と利息が内訳となっています。
元金充当分が決まるのではなく、利息が先に決定します。

 

というのも、利息は「借入残高、金利、借り入れ日数」によって決まっているからです。
例えば月に一度の返済であれば借り入れ日数は次回返済日までは30日として数えることができます。
借入残高が10万円であり、金利が三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックで言えば14.6%、そして借り入れ日数が30日となればその月の利息は1200円です。
この利息が先に決まっていますので、元金としていくら返済ができるのかは返済額によって変わることとなります。

 

先に決まった利息が1200円になりますので、返済額を5,000円とすれば元金に充当される金額は3,800円です。
1万円を返済額とすれば元金に充当される金額は8,800円になる、というわけです。

 

返済は利息の支払いのために行うのではなく、いかに眼筋を返済していくのかにかかっています。
利息は支払うものであり借金の減り具合になんら関係のないものです。
言ってみれば節約できる無駄な出費ともなります。

 

しかし一方的に利息を悪者にすることもできません。
より多くの元金を返済するためには返済額を多く用意することや、追加返済として返済日のほかにも返済をしていくことが必要となります。
それは借金が早く完済できるというメリットの他に、毎月の負担が大きくなるというデメリットも背中合わせとなっています。
借金返済だけのために収入を得ているわけではなく私たちは毎日の生活も送っていかなくてはなりません。
生活に支障をきたすようなことがあれば結果として返済が滞ることにもなりかねません。
そのため返済が長くなったとしても、利息を多く支払ったとしても毎月の返済額を少なく抑えるという返済方法もあります。

 

個人によって返済の状況は変わってきます。
自分にとって負担の無い返済方法を考えておきましょう。

 

銀行も消費者金融も公式ホームページ上には返済シミュレーションを用意しています。
借入残高と金利、そして毎月の返済額から「いつまでに完済ができるのか」をシミュレーションすることができます。
また、借入残高と金利、そして希望の完済予定から「毎月の返済額をいくらにすればいいのか」をシミュレーションすることもできます。

 

借り入れをする前だけではなく、利用中でも返済シミュレーションを使ってみましょう。
利用前に試してみる返済シミュレーションも借り入れ金額を考えるためにも参考になりますが、実際には借り入れをしていない状況で返済がいざどのようになるのか家計の状況と照らし合わせることができません。
言い方が悪くなるかもしれませんが、机上の空論ということです。
利用をし始めてから、返済状況をどのように変えていけばいいのかを知るためにも返済シミュレーションを使ってみましょう。
返済の計画を立てる参考になるはずです。